映画「氷菓」の評価がイマイチなのでサッサと売りぬいた・としきです♪

 

映画やドラマの評価って大事です。 評価が高ければ上映する映画館も時間も増えていき鑑賞する人も増えるでしょう。  結果 過去の作品やグッズなどほしがる人が増えます。

 

映画館も商売ですから、人気のない作品をいつまでも上映はしません。 映画の上映回数など減れば、値下がることは必須なので早めに手を打ちます。

 

損はしませんが、微利益でした( ˘ω˘ )

 

高く売れることを期待して価格変更せずに持ち続ける人がいますが、潔く見切ったほうがいいです。 下落して損切りになったら目もあてられません。

 

貴重な時間と資金をつかってマイナスでは切なすぎます。  もちろん、初めからロングテール狙いの高利益商品として仕入れたのならいいのですが、売れないまま結果、在庫を持ち続ける人は資金繰りで苦しみますよ。

 

しかも12月はアマゾンの長期滞留在庫金が発生する月ですからね。

 

副業・主婦の方は限られた時間でしっかりと利益を出していきましょうね。

 

 

さてさて、としきは先週「古物商」の申請にいってきました。 半日で簡単にできます。 費用は約2万円。

 

何の為に取得したのか?と言われれば「古物市場」で仕入れをするためです。

古物商の資格を持った人しか参加できないのが「古物市場」  ここは激安ではなく「爆安」で取引されている市場です。

 

「1000円で仕入れたものが15万で売れた!」

「ブランドものの中古バックが山盛りで2~3000円!」

「意外に新品もあり!」

なんて聞かされたら、行きたくなっちゃうのがせどらーでしょう。

 

参加費があったり、紹介がなければ入れないようなところもあるディープな世界。  ネットで簡単に検索できるところは素人的な人も多く利益も少ないみたいなのですが・・・・  しかし、本当に美味しいところは業者も漏らさないとのこと。 人間関係を作って紹介いただかないといけない。そんなディープな世界にいきたい・・・・

 

 

そんな妄想から取得してみようと思いました(笑)

 

アマゾンが使える内は販路としてお世話になろうと思いますが、最近のアマゾンは規約変更しすぎ。 いつ締め出されるか?分かったものじゃないですから。

 

具体的に動いていくことが大事です。

 

古物商をとるためにはどうしたらいいのだろう?と困っている方は、メルマガ内で連絡ください。

https://mail.os7.biz/add/Xf5b

 

 

 

 

 

 




アルパカの鼻はもう触りました?

人気ブログランキングへ