カク玄です

 

 


家電量販店へ仕入れに行ったら

家電とオモチャだけしか見ない人は多いですね

 

 

 

毎回、全頭検査する人も居ないです

ある程度以上の経験を積めば

取れやすいモノと取れにくいモノはだいたいわかってきて

 

 

 

取りやすいシリーズを重点的にリサーチしてるはず

取れないコーナーをリサーチするのは精神的にもキツイですからね

 

 

 

もしリサーチしたとしても処分コーナーや値下げ札の商品のみ

店舗ならそれはそれでOK!

 

 

 

ただ、電脳となれば全くはなしが変わってきます

 

 

 

特に店舗せどりから始めて、最近電脳をやりだした人

店舗と同じように家電、オモチャばっかり見てませんか?

 

 

 

電脳だとリサーチ方法にもよりますが

特定の商品名から派生していく場合

 

 

 

色んなお店から、その商品ばっかりをリサーチできるので

店舗のように移動時間がかかりません

 

 

 

一瞬で他の店を見て、また一瞬で最初の店に戻れる感覚ですね

たまには見知らぬジャンルのリサーチも楽しいですよ

 

 

浴室用の時計

カート価格 2,380円
モノレート


仕入れ 1,133円 +送料  -ポイント分
楽天市場

 

 

 

ペットボトルつぶし

カート価格 1,883円

モノレート

 

仕入れ 1,013円+送料 -ポイント分

Yahoo!ショッピング

 

 

 

保存容器

カート価格 2,800円

モノレート

 

仕入れ 1,571円 +送料 -ポイント分

Yahoo!ショッピング

 

 

 

 

おもしろいですねー

どれも特に処分価格な訳ではなく

ごくごく普通の商品です

 

 

 

ただ店舗と違って送料がかかる事が多いので

購入数を調整したり、同店の他商品をさらにリサーチが必要です

 

 

 

そのひと手間が電脳せどりの難しくて面白いところ

ライバルに差をつけれるポイントですね




アルパカの鼻はもう触りました?

人気ブログランキングへ